Site Kit Googleをワードプレスにサクッと導入する方法

Site Kit Googleの導入手順

  • プラグインの新規追加
    「Site Kit Google」を検索してインストールする
  • 有効化して手順通り進めればよい

これだけでOKなのですが、多くの方がエラーで困っているようです。

エラーの対処法はサーバー設定

「Unable to authenticate Site Kit. Check your client configuration is in the correct JSON format.」

皆さんこのエラーで先に進めないのですね。

WordPressをお使いであれば、サーバー契約をしていると思います。
このエラーはサーバーの設定を1箇所『ON→OFF』にすれば解消できます。

サーバー設定のやり方

国内のレンタルサーバー業者多くはセキュリティ対策として、国外IPアドレスからのアクセスを拒否する設定がデフォルトでONになっています。

ご契約のサーバーの管理画面からこの設定を「OFF」に変更します。

REST APIをOFFに

サーバー管理画面に入ったら、「ワードプレスのセキュリティ設定」を確認しましょう。

  • 「国外IPアクセス制限」の中の「REST API」アクセス制限の「有効」を「無効」に変更する

完了したらWordPressに戻って、プラグイン「サイトキットグーグル」を設定しましょう。

WordPressのバージョンやテーマなどがこのプラグインに対応していれば、サクッと設定完了できると思います。