4Kテレビを購入

「4Kテレビが暗い」という噂があり実際に暗いという報告もあがっていた。

家電量販店の映像をみる限り、ものすごく深くあざやかで美しい映像だ。
デモ映像は最高のパフォーマンスを発揮した状態で映し出されている。

だが、実際に家でみてみると「あれれ?」とコケる事もある。
なので、量販店では地デジで放送中の番組をみてみると良いでしょう。
ええ!全然違う!と叫びたくなるかもしれない?

後悔しないための4Kテレビを選ぶには

まず、情報収集!
価格帯・メーカー・機能・サイズ・重さ・操作性などなど。

ちなみに安さ重視なら海外メーカーのものが安い。
しかし!
日本製を買って日本経済を回したい。
それに日本製は安心、長期保証もつければなお安心。

2020年は東京オリンピックが開催されるはずだった・・・
延期になってしまったが、東京五輪に向けてテレビには各社力を入れてきたに違いない。
2018年頃から買い替えを考えていたが、2020年にきっと勝負する商品を出してくるに違いない。

そう考えて2020年春に買い替えを考えていた。
ところが、新型コロナの影響で延期になったオリンピック。
でも、テレビはもう商品化されている。

つまり、買い時であるには変わりない。
そう、買うなら今だ!

結論から言うと、東芝のレグザ55Z740Xを買った。

 

SONYとPanasonic、ビエラとブラビアとも迷ったがレグザにした。

価格帯は15万〜20万円で、長期保証付きのもの。
メジャーな量販店で買うのが一番安心だ。

ネット購入も迷ったが、店舗で交渉したらとネットより安く買う事ができた。
結果、価格も商品も大満足!

商品の比較・検討

ソニー・パナソニック・東芝の4Kテレビのカタログをもらってじっくり検討

この続きは随時追記していきます。

  • 投稿カテゴリー:家電