MacBook Pro/Air iPhone【正しい充電方法とは】バッテリー痛めてない?

充電についての基本

例えばスマホ。
以前は電池を長持ちさせるため、バッテリーを全部使い切ってから充電するのがいいとされていました。

いまだにソレ信じていませんか?

充電回数のカウントのしかた

Macもiphoneもそうですが、充電回数のカウント方法は、何回充電を行ったかではありません。

100%を何度使い切ったかでカウントされます。

  • 例えば満充電にした状態から
    1日目:60%使用して充電
    2日目:40%使用して充電
    💡2回充電したように思いますが、MacやiPhone・iPadのカウントは100%消費した時点で1回となります。

なので使い切ってから充電しようと、残量があるまま充電しても同じなのです。

むしろ無理やり使い切って無駄に消費すると、バッテリー寿命を短くしていることになります。

自分のMacが何回充電したか確認しよう

じゃあオイラのMac、今まで何回充電したの?

知りたいですよね?確認方法があるので紹介します。

  • 左上の🍎マークを「optionキー」を押しながらクリック
  • 「システム情報」をクリック
  • 左側のメニューから「電源」を選択
  • バッテリー情報が表示される
  • 状態情報の中に充電回数があります

機種によって異なりますが、最近のモデルでは「1000回」の充電が可能です。

まとめ

充電は回数の問題ではない。
電池残量が残っていようといまいと、好きな時に充電すればよい。
寝てる間に充電しっ放しはよくない。

ということでシステム上の充電回数を一度確認してみると楽しい。
Macが好きならね❤️

MacBookAir