Mac iPad iPhone充電できない問題をすぐ解決!冬に注意!

Table of Content

MacもiPadもiPhoneも充電できない

Apple製品のバッテリー問題を解決しよう!

iPhoneはまだマシな方。
MacBook・iPadが充電できません!

どんな症状?

  • バッテリーの減りが異常に早い
  • 長時間充電してるのにあまり増えてない
  • 残量があるのにオチる

これらの症状が出ると焦りますよね
冬の寒さにめっぽい弱いのがApple製品。
寒がりというより、気温ですね。

人間が心地よいと感じる気候ならMacたちも元気にしている。
でも冷え性の彼らは気温が10度を切ってくると、途端に元気がなくなる。

実際寒い部屋で留守番していたMacのボディは、キンキンに冷えている。
手を置くとめちゃくちゃ冷たい!

どうしたら充電できる?

iPhoneなら抱きしめて、人肌まで温めればOKです
iPadやMacは暖かい部屋で充電するか、部屋を温めないと充電できません。

部屋全体を温めてパフォーマンスを向上させないと、フル充電できても部屋が寒いとバッテリーはどんどん減っていきます。

部屋全体が無理なら、ホットカーペットの近くで暖まりながら自分も相棒も冷えないように使いましょう。

大事な時に寒オチしたら悲しいですよね。
あたためてあげて下さい。

実はバッテリーが不良品だった?

iPhoneはバッテリー交換対象のものがけっこうあるので、そもそも自分のiPhoneが対象品でないか確認しましょう。

公式サイトで、交換対象かどうかは調べられます。
シリアルコードを入力して検索できるので、対象品かは即わかります。

バッテリー問題はずーっと存在するので、本当におかしいと思ったらサポートに相談してみましょう。
電源関連を初期化することで回復することもあります。

というわけで、愛情だけではポカポカになってくれない彼らには、本当に暖をとらせてあげないといけないという事です。

ちッ!こんなに好きなのに