アップル Mac OS BigSur 11.2.3ダウンロード失敗

アップルのマック アップデート失敗の原因と対策

2021年3月からこのVerのアップデートに失敗し続けている。
このアップデートはセキュリティに関する事なので放置するには危険過ぎる。

でも、失敗する・・・

さて、原因をさぐっていきましょう。

最初は放置プレイ

この直前のアップデートも失敗に終わっていたが、放置していた。
というのは、単に「純正以外の物でポートに接続すると壊れるよ」的な内容だったためだ。
しばらく使わないでも大丈夫だし、純正のは持ってるし。
だから放置プレイにした。

セキュリティアップデートになった

しかし、この度の11.2.3はセキュリティも含まれている。
ということは、放置するとヤバい。

早くアップデートを成功させなくては、非常にマズイ。

ミッション:Macのアップデートを完了せよ

失敗の原因を究明せよ

原因はセキュリティソフトが邪魔してアップデートできないようだ。
ならばと、セキュリティソフトを無効にしてアップデートしてみた。
結果は失敗・・・

セキュリティソフトをアンインストールすると、アップデートに成功するらしい・・・
だけど、アンインストールしたくない。
だって、つまりこれは「サファリパーク」で全裸で立ってろ!みたいなものだ。
大袈裟かもしれないが、それぐらいの危機感は持った方がいい。

もっと安全な解決策それは・・・

そこまでしなくても大丈夫、たぶんサクサクアップデートできた人はカメラのアクセスを許可しているからだろう。

当方はMacのカメラは遮断しており、カメラにはテープで目隠しを施している。
セキュリティソフトの設定も「Webカメラへのアクセスはブロック」の状態。

セキュリティソフトのカメラのアクセスを許可しよう

今回のマックのアップデートに失敗し続けた原因は、カメラのアクセスブロックのせいだった。

そういえば、最後の最後に「カメラをブロックしてやったゼ」てなメッセージが出てたっけ。
その後「失敗しました」という結末だったな。

セキュリティソフトの設定で、カメラのアクセス許可を設定。
その後、アップデートを開始。

待つこと数分・・・
無事にアップデートが完了しました!
おめでとうございます🎉

セキュリティ意識高い系で生きる

今この状態も危険だと思っていないと、本当に危険。
セキュリティソフトも活躍してくれている。
しかし、完璧はなく穴はそこそこ存在する。

セキュリティ意識は高い系が標準だと思ってて損はない。
玄関ドアのロックは二重が標準のように。

まとめ

というわけで、ウェブカメラは不使用中はブロックするのがオススメ。
マックのアップデート、失敗の原因はセキュリティソフトのカメラブロックが原因。
アンインストールする前に試してみる価値あり。

戸締りはしっかりして、家にいよう🏠